【読書】 中満泉 「危機の現場に立つ」

素晴らしい先人の自伝を読んでインスパイアされようと、中満泉さんの本を読みました。

 

危機の現場に立つ

危機の現場に立つ

 

 

最近発売された本で、著書の中満泉さんは、2017年5月に国連軍縮担当事務次長に就任。事務総長、副事務総長に次ぐポストで、現在国連で働く日本人トップです。

個人的に、NY在住中に国連の皆さんとお話する際、よくお名前を聞く有名人だし、ちょうど私もNYにいる時にご昇進されたりと、何かとお名前を目にする機会があります。

また、NYの国連インターンしていた際に、一度だけたまたま行った会議で中満さんがお話されているのを目にしましたが、強く上品なオーラを目の当たりにできました。

 

そして本を読んで、やっぱりすごい、どんな自己啓発本にも勝るパワーをもらいました。

中満さんが(それを直接的には書かないものの)とんでもなく能力が高いこと、さらに仕事をする上で多数の素晴らしい人に出会ってきたことが読み取れます。またご自身が現在素晴らしい上司・妻・母であることが想像に難くありません。

プレッシャーもすごく辛い状況も多々あったのに、常にへこたれず進まれ続けたことで、国連で今の位置まで上り詰められた中満さん。そのおかげで、多数の日本人は中満さんというロールモデルを心に思い描けるのです。

 

自分の関心分野に沿って印象的だったエピソードは、ずっとUNHCRやPKOといった人権・安全保障系だったのに、ヘレン・クラーク総裁(当時)からの引き抜きでUNDPに移った時の話。

当時のUNDPは長期的な視点で開発を進める組織である分、いろいろと活動が遅いという印象があったりと、中満さんにとってはあまり働きたいと思わない組織だったとのこと。ただ、クラーク総裁が改革として「危機対応局」を新設し、開発機関として「危機」にも対応する組織にならなければならないという考えを持っていることに共感したこと、そして

「今日の紛争はなかなか終わらず、状況が安定するのを待ってから中・長期的な復興と開発支援に取り組む、という従来のアプローチは機能しなくなってしまった」

と考えたこと、によりUNDPへの異動を決心したそうです。

そうして着任してから、UNDPが危機に対応する際に「これはUNDPが必ずやってくれる」という分野(例えばUNHCRなら難民、UNICEFなら子ども、というような)を明らかにすることで人道支援機関やPKOミッションから信頼されるパートナーになるようにする必要性を感じた結果、その分野を「緊急生計支援」と「行政機構の緊急復興」として打ち出したとのことです。

 

なるほど。危機対応の状況において「ここは何ができます!」というのが必要なんだな、そういうのでパワーバランスが生まれるんだな、と納得しました。

 

最後に、国際社会で長年働き、でも日本人としてのアイデンティティも持っている中満さんが、日本について心配に思うことに書かれていた部分が、私がいつもモヤモヤと思いながらもうまく言語化できていなかった分、とても共感したし誰が読んでも思うところあると思うので、一段落抜粋します。

 

一方で、規律を尊ぶ私たちの社会は、時として柔軟性に欠けることにもなりかねません。規則を守ることは大切なことですが、物事の本質を見きわめて柔軟に対応することも、変化を重ねる世界では不可欠ですし、時には規則そのものを見直す必要があるかもしれません。いろいろな事態を想定して丁寧に準備を重ね、マニュアルを完備することは役に立つことも確かですが、同時に「想定できない」事態に対応する能力を育てることも大切なことです。「出る杭は打つ」のではなく、さらに活躍できるように応援するべきでしょう。また和を尊ぶ私たちの気質は、「長い物には巻かれろ」という諺のように、何か間違ったことが起こっている時であっても、声を上げてそれは間違っている、と指摘して変えていくことを私たちにためらわせることにもなりかねません。昔の日本が間違った戦争に突き進んでしまった背景には、みなが「長い物に巻かれてしまった」こともあったのだと思います。

 

 私が個人的に「日本人的で」ルールを守るのに固執して柔軟性に欠ける部分を直さなきゃ、と思っているのと、

日本が社会として「長い物に巻かれ」やすくて、おかしなことを是正しにくい空気があり、しかもその傾向がどんどん強くなっているのでは、という不安があり、共感しました。

 

分野を問わず同年代の皆さんすべてにおすすめしたい本です。